私立中学1年生不登校原因とその解決策

皆さん、こんにちは NPO法人高卒支援会の杉浦です。32年前より、私立中学不登校対策の塾を運営しております。

中一ギャップと言われる原因ですが、まず、英語がついていけないという事が考えられます。その結果、ズルズルと不登校が長期化し、

3年間、全く、学校に通わないっていう子も当会に在籍しております。

その対策として、どうしたらよいですか?

早期に英語をはじめとした、勉強の挫折感を払拭するのが、解決策です。

当会と関係のある私立高校では不登校復帰プロガラムがあります。これは公立中学では適応指導教室(公立の不登校の居場所、出席日数をカウントする場所)があり、不登校のケアがあります。

こうした制度と同様に当会に出席=学校の出席日数にカウントして頂けます。

but

私立中高一貫校では不登校のケアがなく、せいぜい、保健室登校=出席カウントしてもらう程度なんです。

保健の先生は勉強を教えられませんから、解決策である、勉強の挫折感を払拭することにつながらないのです。

早期の不登校対策は出席日数のカウントをしてもらいながら、英語をはじめとした、勉強に対する挫折感を払拭する事です。

不登校が長期化して、6ヶ月以上となり、引きこもりになる場合は復帰するのが大変になります。

是非、早期に解決していきましょう。

不登校・高校中退・引きこもり支援 NPO法人高卒支援会

不登校・高校中退・引きこもり支援 NPO法人高卒支援会