チーター 新宿でゲボ

不登校中学2年の男の子は先輩方から「チーター」って呼ばれているんです。

チーターっていうスポーツウェアを着ているからですが、

最近では

「チーターは~」等と自分でも言っているので、かなり当会では定着しちゃいました。

彼は週3回来ており、来るときは誰よりも早く、新宿に来ています。

たまに、体調不良で来ないときがあります。

先日も

「先生、新宿着いたんですが、改札を出たら、吐いちゃったんで、このまま、帰っていいですか?」と

「吐いたら、スッキリしたんじゃないの? このまま、来れば」

「フェ~~ハァハァ 気持ち悪くて、帰りたいんですが、ハァハァ」と。

こちらも何かあったら大変と思い。

「分かった、お大事に!」

後日、昼休み中。

「チーター、おまえ、この間、改札出たら、吐いたとかいってたけど、他の人に迷惑かけたんじゃないか?」

「どっどいうこうことですか??」

「だって、君のはなしだと、改札出て、ゲボ吐いッたと言うことはすぐ目の前の人の背中とかにかけたんじゃないの??」

「ちっ違いますよ! チャンと改札出て、目立たないところでやりました」

「で、そのままにして、家に帰ったの?」

「目立たなくて、それどころじゃなかったんで、そのままにしました」

こうしたやり取りを先輩方はニアニアしながら、聞いてました。

不登校・高校中退から進路 実績はこちら