27年度第三学期都立高等学校補欠募集(転学・編入学)試験対策

27年度第三学期都立高等学校補欠募集(転学・編入学)にご興味のある方

先週、発表がありましたね。学力会では27年度第三学期都立高等学校補欠募集(転学・編入学)試験対策を行っています。

【転学には覚悟が必要】

私立校在籍の方は「都立を受けます」と、

学校側「では、自主退学届けを書いて下さい」と言われる事が多いので、覚悟が必要です。

昨年の例ですと、全日制の募集数2600人あまりと少なく、準備とか選択肢を考えたら、3月末の試験を視野に入れておきましょう。

先ずは当会で模擬試験を受けて頂き、お子さんの学力が都立レベルでどの位なのか?
単位の互換性はあるか、
そもそも、昨年、一昨年と志望校は募集があるかなどを調べ、補欠募集の発表が出て、在籍校に転学照会を書いてもらうという流れです。

模擬試験を受ければ、決断もしやすくなります。

【落ちたらも考えて】

試験は落ちることもあります。又、補欠募集は好意的かつ、積極的に受け入れてくれる試験ではありません。 それでも、過去問をやって、準備をした方は合格していますが。

全日制で二回受けて、不合格だったら、定時制、通信制、私立サポート校、高校再受験と選択肢はありますが、決めておかないとアタフタしてしまいます。

ご本人と保護者様は充分、そこの所を話し合って下さい。

▲ページトップへ戻る

Rss Feed Facebook button Youtube button