【用語解説】都立高校 チャレンジスクール・エンカレッジスクール

こんにちは、NPO法人高卒支援会の三村です。

 

今回は東京都立高校の取り組みの一つである、チャレンジスクールとエンカレッジスクールについて紹介します!

どちらの高校も入学試験には学科試験はなく、小論文(作文)・面接が主な試験となり生徒本人のやる気が試験課題といえるでしょう。

またこれらのコンセプトは学校不適応の生徒も通学出来る高校であり、授業カリキュラムも自由度が高く、社会進出のための基礎能力を培う方針が多くあります。

 

まとめるとこんな感じになりますね!

20140724

 

●チャレンジスクール

チャレンジスクールとは稔ヶ丘,世田谷泉,六本木,大江戸,桐ヶ丘高校です。昼夜間3部制の定時制・単位制・総合学科の高校です。

午前部・午後部・夜間部の3部に分かれており、働きながら勉強をする生徒や朝の起床に難のある生徒も通いやすい定時制になっています。

入学試験では、小論文(作文)・面接に加え、志願申告書が入学試験に加わります。

カリキュラムにボランティアによる単位があることや、総合学科ならではの選択科目内に専門科目が多くあることが特徴です。

不登校(または内申が低い)で勉強が苦手な生徒には向いていると言えます。

 

都立高校のチャレンジスクールは以下の5校とチャレンジ枠併設の1校です。

大江戸高等学校

桐ヶ丘高等学校

世田谷泉高等学校

稔ヶ丘高等学校

六本木高等学校

(八王子拓真高等学校 チャレンジ枠)

 

 

●エンカレッジスクール

エンカレッジスクールとは、全日制・学年制・普通科(専門学科)の高校です。

入学試験では、小論文(作文)・面接に加え、実技と内申が入学試験に加わります。

多くの高校と同一視されがちですが、指導目的を「社会生活を送る上で必要な基礎的・基本的学力を身につけること」としています。

そのため中間・期末テストはなく生徒の学習に対するやる気・態度を評価の対象としています。

また、習熟度別・少人数制の授業形態から基本的学力を確実に身につけさせることに重点を置いていることが分かります。

学校に通っているが、勉強が苦手な生徒には向いていると言えます。

 

都立高校のエンカレッジスクールは以下の5校。

足立東高等学校

秋留台高等学校

蒲田高等学校

東村山高等学校

練馬工業高等学校高等学校(普通科ではなく専門学科)

 

様々な高校の種別を取り扱って来ましたが、今回のテーマは学校不適応の子どもたちの学習をサポートするための新しい取り組みの紹介となりました。

不登校・高校中退者の直筆合格体験記はhttp://bit.ly/2gQbmHr

引きこもり連れだし,お迎え、生活習慣改善合宿実施中!

不登校居場所クラブ=月額1万円 自習室限定50名募集

不登校・高校中退塾 NPO法人高卒支援会 朝から不登校中学・高校生が通塾 東京都新宿区新宿エルタワー18F

不登校・高校中退塾 NPO法人高卒支援会 朝から不登校中学・高校生が通塾 東京都新宿区新宿エルタワー18F

▲ページトップへ戻る

Rss Feed Facebook button Youtube button