【用語解説】学年制・単位制

こんにちは、学力会の三村です。

先週は恋しかったお日様が今では猛暑の原因となっていますね…。

 

さて、前回に引き続き今週も用語解説をしていきます。

テーマは学年制・単位制です。

 

●学年制

一年ごとに進級に必要な単位を取得する。

授業は決められており一つでも取得出来なかった場合、再度同じ学年で勉強する。

 

 ●単位制

三年以上を通して卒業に必要な単位を取得する。

単位は必修科目と選択科目に分かれており、必要な単位を合わせて取得する。

単位を落とした科目は翌年に再履修することが出来る。

 

 20140703

「アルバイトをしながら高校を卒業したい」「毎朝起きる事が難しい」といった単位を落とすリスクがある場合、単位制ではフォローが利きやすいですね。

また、学年制では反面、単位制では個々に授業を履修するという相違点もあります。

この点は生徒個人の希望や適性によって、メリットにもデメリットにもなり得ますね。

 

そして一番重要なこととして、単位制の高等学校があるということがあまり認知されていない現状があります。

様々な事情により学年制では高校卒業をするのが難しい生徒も単位制であれば可能になることも少なくないはずです。

高校卒業を目指す生徒にとって一番よい高校を選ぶ方法をとれるよう考える必要がありますね。

またそういった生徒のために全日制・定時制・通信制という高等学校の分類もあります。

 

次週は全日制・定時制・通信制の紹介をしたいと思います。

それでは、また来週!