11人中10人合格! 二学期補欠募集 最終結果

おはようございます。学力会の薄井です。

 

当会からのこの夏の都立転校試験は、8/20の新宿山吹高校が最後の試験でした。新宿山吹を受検した生徒も合格し、当会からは11人中10人合格という結果になりました。

 

今年3月に行われた一学期補欠募集は、毎日新聞の調べによると、全日制の募集は174校2995人なのに対して、受験者数166人、そのうちの合格者数は73人だったそうです。受験者数がとても少ないこと自体も目立ちますが、合格率も4割程度にとどまっており、6割の生徒は転学を失敗してしまっているのです。

 

春と夏の試験で単純に比較はできませんが、それだけ難しい都立転学の試験に対して、当会が9割以上の合格率を維持していくことが、少しでも生徒たちの有意義な学生生活を取り戻す力になればと思っております。

 

残念ながら受験に失敗してしまった生徒も、提携しているウィッツ青山学園高校東京キャンパス(通信制高校)に在籍しながら3月の都立転学に再チャレンジするか、もしくは2月の高校入試に再受検するか悩みつつ、また気持ち新たに勉強に取り組むことになりました。

講師陣も、切れ目なくしっかりとバックアップを続けていきます。

 

 

そろそろこの夏の高校転校試験の日程も終了しますが、補欠募集の受験に失敗してしまいお困りの方は、ぜひ学力会にご相談ください。

 

上記のように、通信制高校に在籍して学年を落とさずに都立への転校にもう一度チャレンジする道や、2月の高校入試で本当に入りたい学校を受検する道などがあります。

 

高卒認定や通信制サポート校などを検討している方で、もしご興味がありましたら一度お電話ください。

 

03-3961-7511 (転学担当:薄井)

 

▲ページトップへ戻る

Rss Feed Facebook button Youtube button