用語・制度解説⑧「チャレンジスクール」

こんにちは、学力会の薄井です。

第二学期補欠募集の前期日程はもう来週まで迫って来ました。さて、今日は、当会からも複数人が受験する予定の「チャレンジスクール」について書きたいと思います。

 

今現在、桐ヶ丘高校・世田谷泉高校・六本木高校・大江戸高校・稔ヶ丘高校の五校がチャレンジスクールとして運営されています。三部制の都立の昼夜間定時制高校で、単位制、二学期制、総合学科であり、習熟度別授業を実施しています。

 

チャレンジスクール チャレンジスクール

 

また、生徒の選抜において

 ① 調査書を使用しない

 ② 学力テストを実施しない

 ③ 志願申告書・作文・面接の総得点で選考する

ということになっています。

 

受験の際に調査書が必要なく、学力試験がありませんから、例えば、不登校で学力に自信のない生徒さんでも受験することができます。補欠募集(学期ごとの転学試験)においても同様の選抜方法で、国数英の3科目を課す他の都立高校とはカラーが大きく違いますね。