教室の雰囲気 その3(生徒インタビュー)

『不登校・高校中退から都立高校を目指す学習塾・学力会』
こんにちは、学力会の石井です。

 

秋晴れです。明日、6万トンの瓦礫を受け入れてた東京都に感謝の気持ちを込めて宮城県女川町で水揚げされた6万トンの秋刀魚を無料で振る舞うという企画、「おながわ秋刀魚収穫祭」が日比谷公園で行われるそうです。

 

実はわたくし石井も、宮城県で数回復興のお手伝いをさせていただいたことがあります。明日も晴れるそうなので、日比谷公園に足を運んでみようと思います。

 

さて、今日は、現役の学力会生インタビュー第二弾をお送りしたいと思います。

 

 
彼女は、地方の高校から東京の私立校へ今年の春に転校しました。その際に学力会に入会しましたが、新しい高校に通いながら今も学力会で授業の補習をしています。また彼女は高校三年生なので、大学進学のためのAO入試が控えています。その書類作りなどもこちらでお手伝いしています。

 

明るく前向きな性格なので、お昼休みなどは他の女子生徒たちとご飯を食べたり楽しそうです。

 

彼女が言うには、

「学力会は自分の進度で勉強できるから安心です。また他の生徒さんもとてもまじめに学習に取り組んでいるのでやる気が出ます。私みたいに高三もいれば、中三や高一の生徒さんもいて楽しいです。」