用語・制度解説⑪「都立高校入試の特別選考」

『不登校・高校中退から都立高校を目指す学習塾・学力会』

こんにちは、学力会の石井です。

 

今日は「都立高校の特別選考」についてお話します。

一般的に都立高校は、

 

・推薦に基づく選抜(推薦入試)

・学力検査に基づく選抜(一般入試)

 

の二つの選考によって生徒を募集しています。高校によってさまざまですが、多くの場合、全体の募集の約二割を推薦入試で、約八割を一般入試で募集しています。

 

一般入試には、本番当日の学力検査に加え調査書による審査があり、本番の学力試験と調査書が、7:3や6:4、高校によっては、5:5といった配点で審査されます。

 

さて、ここで、一部の都立高校には、「特別選考」という枠があります。これは、一般試験において、調査書の点数を鑑みずに学力検査の点数のみで成績上位者から順に合格候補者を選定していくというやり方です。

 

学力は自信があるが調査書の点数はあまり……という方は、特別選考での受験という道もあります。

 

▲ページトップへ戻る

Rss Feed Facebook button Youtube button