チャレンジスクール観点別情報①「立地」

『不登校・高校中退から都立高校を目指す学習塾・学力会』

こんにちは。学力会の石井です。

 

今回から数回、チャレンジスクールを観点別で仕分けし、「生徒さんが学校や高校生活に求めるもの」、という見方でご紹介してみたいと思います。

 

※バックナンバー※

用語・制度解説⑧「チャレンジスクール」

 

第一回の今回は、立地についてです。どのチャレンジスクールも閑静な住宅地にあり、学習環境は良好です。

 

世田谷泉高校は緑も多く、ゆったりした学校生活が送れそうです。六本木高校はあの六本木ヒルズが学校の敷地内から見えますが、麻布十番商店街も近く、落ち着いた地域にあります。大江戸高校は江東区にあるので、運河が近く、登下校は川からの爽やかな風を感じることができます。

 

桐ヶ丘高校と稔ヶ丘高校は、それぞれ、池袋・新宿というキーステーションから近く、最寄り駅から徒歩10分圏内なので、駅の近いのがお好きな生徒さんはおススメかもしれません。